車の乗り方

基本中の基本とも言える、車の乗り方ですが、この時点で気を抜いていると、運転をする前に事故にあってしまうという可能性もあるため、車を運転する際には乗る前からしっかりと安全確認をしてから乗るように心がけましょう。まず、ドアを開ける前に、十分に車のまわりが安全であるかといったことを確かめましょう。子供がいないか、障害物がないかなど、車の前後や、車体の下なども確認してから乗り込むようにしましょう。また、ドアを開ける前に、後方から接近している車などにも十分注意して開けるようにしましょう。安全確認が終わり、ドアを開けた後は、速やかに左足、お尻といった順にできるだけスムーズな乗車が望ましいでしょう。その後、再び前後に接近しているものがないかというのを確認し、ドアを閉めるようにしましょう。この時、なんでもないことのようですが、直前でいったん止めてからドアを閉めるということも大切でしょう。場合によってはシートベルトなどがはみ出してしまったまま閉めてしまったり、思わぬ怪我をしてしまったりする可能性も否定できないため、安全上の問題より、ドアは勢いよく閉めるのではなく、直前でいったん止めてから静かに閉めることが望ましいと言えるでしょう。しかし、このように閉めると、力が入りきらなかったりした場合、半ドアになってしまう可能性もあるでしょう。半ドアでないかしっかりと確かめてからドアをロックすると良いでしょう。以上のことは、教習所や、合宿免許での受講の際、真っ先に学ぶことであると言えるでしょう。現代は自動車の普及により、身近な乗り物として慣れすぎていることもあるため、改めて一つ一つを確認しておくと良いかもしれません。