車の降り方

最新の注意を払い、車に乗ったからといってすぐに運転技術を学べると思ったら大違いでしょう。正しい車の乗り方を学んだ次には、正しい車の降り方というのを知らなければならないでしょう。降車の際にも、まわりの安全を確かめることが最重要と言えるでしょう。ドアを開ける前には、後続車や歩行者などがいないかどうかといったことを目で見てしっかりと確認しなければならないでしょう。確認せずに開けてしまうと、思わぬ事故に繋がってしまったり、周りの人を危険な目に合わせてしまうといったことにもなりかねません。自分だけの安全を確認するのではなく、周りの環境にも十分注意を払うようにすると良いでしょう。また、ドアを開ける際にも、いきなり勢いよく開けるのではなく、降りますよ、ドアを開けますよ、といったような意思表示のつもりでゆっくりと少しだけ開けるということを心がけておくと良いでしょう。ドアを開けた後は、乗る時と同様、スムーズに素早く降りられることが望ましいでしょう。その後、降りた後のドアの閉め方も、勢いよく閉めるのではなく、直前でいったん止めてから静かに閉めるようにしましょう。練習しているうちは一人でも、実際に運転できるようになったら、誰かを乗せる可能性もあるでしょう。同乗者の手を挟んでしまったり、荷物などが挟まってしまったりしないよう、確認のためにも、直前でいったん止めてから静かに閉めることを習慣化しておくと良いでしょう。その後、半ドアでないか確かめ、ガタガタしていたらもう一度きちんと閉め直すようにしましょう。また、合わせて習慣付けておきたいのはドアのロックでしょう。車から離れないときでもロックする習慣をつけておく事で思わぬ被害を防げると言えるでしょう。運転技術でない基本と言えますが、自動車学校や合宿免許などでも一番はじめに習慣化しておくと、後々楽になると言えるでしょう。