運転姿勢

車を安全に運転するために重要なのは、正しい運転姿勢を保つという事ではないでしょうか。車の種類によって運転席の条件は変わるというのはもちろん、運転手によっても条件は大きく変化するのが車と言えるでしょう。正しい運転姿勢を身につけておくというのが、安全運転への基本とも言えるでしょう。正しい運転姿勢というのは、ハンドルを持った時に軽く肘が曲がっていて、首をまっすぐにできる状態のことを指しているでしょう。そうすることによって肩に変な力が入らず、軽やかにハンドル操作をすることができるのではないでしょうか。では、反対に悪い運転姿勢というものはどういった姿勢でしょうか。これは、ハンドルにもたれかかるように前のめりになってしまったり、反対に座席が遠すぎて肘や膝に余裕のない状態の姿勢と言えるでしょう。肘がピーンと張ってしまっていては、スムーズなハンドル操作はできないと言えるでしょう。また、首をまっすぐ保ったまま確認をするためにも、ミラーの合わせ方というのも覚えておくと良いでしょう。ミラーは主に、後方の安全確認のために調整するものですが、とりあえず後方が見えるだけの調整では意味がないと言えるでしょう。正しい運転姿勢を崩さないためにも、ミラーの調整は自動車に乗り込み、正しい運転姿勢を確認した状態で行うことが望ましいと言えるでしょう。ルームミラーも同様でしょう。合わせ方としては、顔は正面に向けたまま、左手で調整すると良いでしょう。ルームミラーは左手だけで操作することによって、正しい運転姿勢のまま、顔を動かさず、目だけで見たときに正しく後方が映るように調整すると良いでしょう。鏡面に指紋などがつかないようにするのも重要でしょう。近年では、教習所の他に、合宿免許などの普及もあり、ここまで丁寧に指導されるかわからない部分かもしれないので覚えておくと良いでしょう。