正しい運転姿勢

車というもの自体も様々な種類があり、運転席というのも車種によって広かったり狭かったりといった差はあると言えるでしょう。そのため、どの車に乗っても、正しい運転姿勢を取るために自身の身体に合わせた調整をしてから乗るように心がけておきましょう。もちろん、マイカーがある場合にはいちいち調整する必要などはありませんが、定期的に運転姿勢を見直して、より良い安全運転を目指せると良いのではないでしょうか。正しい運転姿勢のために必要なのは、チルトハンドルと呼ばれるハンドル調節でしょう。自身の体形に合わせて、高さを調節し、無理なくスムーズにハンドル操作ができる位置に設定することが重要でしょう。正しい位置の目安としては、ハンドルを持った時、ひじが軽く曲がるという感覚を覚えておくと良いでしょう。次にシートの角度を調整しましょう。背中はシートに密着する位置を目安にしましょう。倒しすぎてしまうと腕が伸びきってしまって運転しにくい上に、俊敏に動けなくなってしまうため危険でしょう。ハンドルを持って背をつけ、ひじが軽く曲がるくらいの位置に調整できると良いでしょう。それでも調整が難しい場合には、シート自体を前後させて位置を調節すると良いでしょう。クラッチペダルをいっぱいに踏んだ場合に、ひざが軽く曲がるといった程度の位置にするとちょうど良いと言えるでしょう。最初はぎこちなく感じるかもしれませんが、この時点で正しい姿勢を身につけることができれば、どんな車でも調整できるようになると言えるでしょう。合宿免許では集中型のため、なんども実践することは難しいかもしれませんが、運転しないまでも、ちょっと座って姿勢を調整してみるといったことは日常的に練習しておいても良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です