就職活動との関係性

就職活動前に自動車免許を取得しておきたいと考える学生が後を絶ちません。というのも、自動車免許の保持が就職活動に影響することがあるからです。例えば運送業や営業職を希望している学生であれば、就職後に免許が必要になると考えるのは当然でしょう。会社としても、入社後にすぐ運転させられる人を雇うはずです。

免許を保持しているかどうかは、その実用性のみが評価されるわけではありません。免許を取得しているということは、自動車学校の課す課題をクリアしたことを意味しますから、それと同程度の困難を、入社後も乗り越えられると考えるわけです。自動車学校では、技能教習を19時間受けなければなりませんし、学科教習は16時間こなす必要があります。もちろん仮免許取得のための修了検定も受けますし、効果測定や卒業検定もクリアしなければなりません。決して楽な道ではないのです。最後に受験する本免学科試験も、勉強せずに合格することはできません。免許の保持は、保持者の学習能力、忍耐力が一定の水準に達していることをも保証するのです。

実際、自動車免許を保持していない人の中には、自動車学校を途中で退学した人もいます。そのような方々は、忍耐力が欠如していると見做されることでしょう。会社の人事、採用担当者にとっては、すぐに退社しかねない人を雇うのはリスクでしかありません。最近は初期の研修が終わる前に退職する人も珍しくありませんから、採用選考においては慎重になるのも頷けます。

教習所で学んだことは、社会人になってからも役立ちます。それは運転に関するスキルや知識のみならず、多角的な視野も含んでいます。

また、合宿免許であれば、2週間程度で免許を取得することが可能です。

短期で免許を取得したいのなら、合宿免許がオススメです。

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です