ブレーキ

ブレーキというのは、安全運転を目指す上で、最も必要な機能であり、操作であると言えるのではないでしょうか。しかし、一気にブレーキを踏んだのでは、逆に危険につながりかねないでしょう。車を停止させたい場合には、まず一度ブレーキを踏んで速度を下げ、目標の停止位置に合わせるようにさらにブレーキを踏み安全に停止させるように心がけると良いでしょう。ブレーキの踏み込みが弱すぎたり、タイミングが遅くなってしまうと、停止目標をオーバーしてしまうので注意しましょう。なお、1度目の減速が不十分だった場合、停止目標の直前に急ブレーキを踏まなければならないことになるため注意しておきましょう。マニュアル車の場合、車を停止させる位置を決め、アクセルペダルを戻し減速しましょう。最後に、ブレーキペダルを踏み、停止させることになるでしょう。速度が出ている場合、ブレーキを一気に踏み込むのではなく、ポンピングと呼ばれる、ブレーキを数回に分けて踏むという方法を使えば、安全に減速できる上に、後続車に注意を促すこともできるでしょう。速度が下がってきたと確認できたらクラッチペダルをいっぱいにむようにすると良いでしょう。その後、目標の停止位置に合わせながらブレーキを調節していくようにしましょう。オートマ車の場合、車を停止させる位置を決めたら、アクセルペダルを戻し、減速しましょう。少しずつブレーキの踏み方を調節しながら、停止位置に近づけていくと良いでしょう。目標の停止位置に合わせるようにブレーキを調節し、停止したらブレーキペダルをしっかり踏むことを忘れないようにしましょう。自動車学校や合宿免許などでも教わると思いますが、停止したからといって気を抜かないようにしましょう。運転席に座っているからには、停止していたとしても安全運転が大切でしょう。

こうした基本的なブレーキの操作方法については、教習所や合宿免許で学ぶことができます。

さらに合宿免許ではおよそ2週間程度で免許が取得できるところもうれしいポイントです。

ぜひ一度合宿免許についてかんがえてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です