停車とドアロック

いくら車が停車し待っているからといって、決して気を抜いていいわけではありません。危険因子というのは思わぬところに潜んでいるものではないでしょうか。車を離れるまでは油断しないことが運転の心得だと考えています。また、車を離れる際にも、ドアロックを忘れないという安全意識が必要でしょう。車を停止するには、マニュアル車の場合、ブレーキペダルとクラッチペダルを踏んだままハンドブレーキをかけましょう。それからキーを回し、エンジンを停止する流れになりますが、上り坂での停止の場合はローギア、下り坂での停止の場合ではバックギアに入れるのが一般的でしょう。ブレーキペダルは踏んだままクラッチペダルを戻し、最後にブレーキペダルを戻して完了でしょう。オートマ車の場合、ブレーキペダルは踏んだまま、ハンドブレーキをかけ、チェンジレバーを「P」レンジにしましょう。この時、運転中と同じく必ず自分の目で確認するということが重要でしょう。その後、キーを回してエンジンを停止し、最後にブレーキペダルを戻す流れになるでしょう。合宿免許などで免許取得を目指す際などは他の受講者と仲良くなる機会も多いため、それぞれのコツやタイミングの取り方などの意見交換などをしてみるのも良いかもしれません。実際に運転し始めてからは、意外とドアロックを忘れる人が多いようなので、しっかりと確認してから車を離れるように心がけると良いでしょう。近年ではタッチするだけでロックがかかるといった車なども開発されており、心配な方はそのような車を選ぶということも選択肢に挙げられますが、一番は自身の意思でしっかりと安全を考えることと言えるのではないでしょうか。

停車とドアロックについてもキチンと合宿免許では学ぶことが出来ます。

これを機に合宿免許を調べてみるのもよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です