標識・標示

免許取得のための試験でよく出題されるのが、標識・標示の意味を問う問題です。標識とは交通規則を示す掲示板で、運転手はその指示に従って運転することになります。下位分類としては本標識と補助標識とがあります。本標識はさらに規則標識、指示標識、警戒標識、案内標識に分かれます。規則標識とは、ある方法で交通するのを禁止するものです。逆に交通方法を指定する場合もあります。指示標識とは、ある方法で交通するのが可能であることを示すものです。警戒標識とは、その周辺を運転する上で危険だと思われる事項を伝達するものです。案内標識とは、地理的情報を伝達するものです。

補助標識には役割があり、本標識の情報を補足します。例えば本標識が規制を伝達する時は、その理由を示したりします。時間や日程といった細かな情報まで知らせることもあります。標識は沢山の種類があるため、覚えるのは苦労しますが、色と形にも意味があるので、それを先に覚えるのが大切です。赤色であれば禁止を意味しますし、青色は「可」、黄色は「注意」を示しています。

次に標示についてご説明します。標示には下位分類として、規則表示と指示標示とがあります。標示は路面にペイントされたもので、標識と同様に交通規則を示しています。線、記号、文字で表現しているため、見た瞬間に内容を把握することが出来ます。色は黄色や白色といった目立つものが使われています。規則表示とは、ある交通方法を禁止したり、逆に強いたりするものです。指示標示とは、ある方法で交通するのが可能であることを示すものです。黄色の標示は禁止事項であり、白色よりも厳しく禁じていることを意味します。同様に、破線と実践、単線と二重線といった関係性も、程度の差を意味しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です