作者別: admin

標識・標示

Published / by admin / コメントをどうぞ

免許取得のための試験でよく出題されるのが、標識・標示の意味を問う問題です。標識とは交通規則を示す掲示板で、運転手はその指示に従って運転することになります。下位分類としては本標識と補助標識とがあります。本標識はさらに規則標識、指示標識、警戒標識、案内標識に分かれます。規則標識とは、ある方法で交通するのを禁止するものです。逆に交通方法を指定する場合もあります。指示標識とは、ある方法で交通するのが可能であることを示すものです。警戒標識とは、その周辺を運転する上で危険だと思われる事項を伝達するものです。案内標識とは、地理的情報を伝達するものです。

補助標識には役割があり、本標識の情報を補足します。例えば本標識が規制を伝達する時は、その理由を示したりします。時間や日程といった細かな情報まで知らせることもあります。標識は沢山の種類があるため、覚えるのは苦労しますが、色と形にも意味があるので、それを先に覚えるのが大切です。赤色であれば禁止を意味しますし、青色は「可」、黄色は「注意」を示しています。

次に標示についてご説明します。標示には下位分類として、規則表示と指示標示とがあります。標示は路面にペイントされたもので、標識と同様に交通規則を示しています。線、記号、文字で表現しているため、見た瞬間に内容を把握することが出来ます。色は黄色や白色といった目立つものが使われています。規則表示とは、ある交通方法を禁止したり、逆に強いたりするものです。指示標示とは、ある方法で交通するのが可能であることを示すものです。黄色の標示は禁止事項であり、白色よりも厳しく禁じていることを意味します。同様に、破線と実践、単線と二重線といった関係性も、程度の差を意味しています。

停車とドアロック

Published / by admin / コメントをどうぞ

いくら車が停車し待っているからといって、決して気を抜いていいわけではありません。危険因子というのは思わぬところに潜んでいるものではないでしょうか。車を離れるまでは油断しないことが運転の心得だと考えています。また、車を離れる際にも、ドアロックを忘れないという安全意識が必要でしょう。車を停止するには、マニュアル車の場合、ブレーキペダルとクラッチペダルを踏んだままハンドブレーキをかけましょう。それからキーを回し、エンジンを停止する流れになりますが、上り坂での停止の場合はローギア、下り坂での停止の場合ではバックギアに入れるのが一般的でしょう。ブレーキペダルは踏んだままクラッチペダルを戻し、最後にブレーキペダルを戻して完了でしょう。オートマ車の場合、ブレーキペダルは踏んだまま、ハンドブレーキをかけ、チェンジレバーを「P」レンジにしましょう。この時、運転中と同じく必ず自分の目で確認するということが重要でしょう。その後、キーを回してエンジンを停止し、最後にブレーキペダルを戻す流れになるでしょう。合宿免許などで免許取得を目指す際などは他の受講者と仲良くなる機会も多いため、それぞれのコツやタイミングの取り方などの意見交換などをしてみるのも良いかもしれません。実際に運転し始めてからは、意外とドアロックを忘れる人が多いようなので、しっかりと確認してから車を離れるように心がけると良いでしょう。近年ではタッチするだけでロックがかかるといった車なども開発されており、心配な方はそのような車を選ぶということも選択肢に挙げられますが、一番は自身の意思でしっかりと安全を考えることと言えるのではないでしょうか。

停車とドアロックについてもキチンと合宿免許では学ぶことが出来ます。

これを機に合宿免許を調べてみるのもよいかもしれません。

ブレーキ

Published / by admin / コメントをどうぞ

ブレーキというのは、安全運転を目指す上で、最も必要な機能であり、操作であると言えるのではないでしょうか。しかし、一気にブレーキを踏んだのでは、逆に危険につながりかねないでしょう。車を停止させたい場合には、まず一度ブレーキを踏んで速度を下げ、目標の停止位置に合わせるようにさらにブレーキを踏み安全に停止させるように心がけると良いでしょう。ブレーキの踏み込みが弱すぎたり、タイミングが遅くなってしまうと、停止目標をオーバーしてしまうので注意しましょう。なお、1度目の減速が不十分だった場合、停止目標の直前に急ブレーキを踏まなければならないことになるため注意しておきましょう。マニュアル車の場合、車を停止させる位置を決め、アクセルペダルを戻し減速しましょう。最後に、ブレーキペダルを踏み、停止させることになるでしょう。速度が出ている場合、ブレーキを一気に踏み込むのではなく、ポンピングと呼ばれる、ブレーキを数回に分けて踏むという方法を使えば、安全に減速できる上に、後続車に注意を促すこともできるでしょう。速度が下がってきたと確認できたらクラッチペダルをいっぱいにむようにすると良いでしょう。その後、目標の停止位置に合わせながらブレーキを調節していくようにしましょう。オートマ車の場合、車を停止させる位置を決めたら、アクセルペダルを戻し、減速しましょう。少しずつブレーキの踏み方を調節しながら、停止位置に近づけていくと良いでしょう。目標の停止位置に合わせるようにブレーキを調節し、停止したらブレーキペダルをしっかり踏むことを忘れないようにしましょう。自動車学校や合宿免許などでも教わると思いますが、停止したからといって気を抜かないようにしましょう。運転席に座っているからには、停止していたとしても安全運転が大切でしょう。

こうした基本的なブレーキの操作方法については、教習所や合宿免許で学ぶことができます。

さらに合宿免許ではおよそ2週間程度で免許が取得できるところもうれしいポイントです。

ぜひ一度合宿免許についてかんがえてみませんか?

就職活動との関係性

Published / by admin / コメントをどうぞ

就職活動前に自動車免許を取得しておきたいと考える学生が後を絶ちません。というのも、自動車免許の保持が就職活動に影響することがあるからです。例えば運送業や営業職を希望している学生であれば、就職後に免許が必要になると考えるのは当然でしょう。会社としても、入社後にすぐ運転させられる人を雇うはずです。

免許を保持しているかどうかは、その実用性のみが評価されるわけではありません。免許を取得しているということは、自動車学校の課す課題をクリアしたことを意味しますから、それと同程度の困難を、入社後も乗り越えられると考えるわけです。自動車学校では、技能教習を19時間受けなければなりませんし、学科教習は16時間こなす必要があります。もちろん仮免許取得のための修了検定も受けますし、効果測定や卒業検定もクリアしなければなりません。決して楽な道ではないのです。最後に受験する本免学科試験も、勉強せずに合格することはできません。免許の保持は、保持者の学習能力、忍耐力が一定の水準に達していることをも保証するのです。

実際、自動車免許を保持していない人の中には、自動車学校を途中で退学した人もいます。そのような方々は、忍耐力が欠如していると見做されることでしょう。会社の人事、採用担当者にとっては、すぐに退社しかねない人を雇うのはリスクでしかありません。最近は初期の研修が終わる前に退職する人も珍しくありませんから、採用選考においては慎重になるのも頷けます。

教習所で学んだことは、社会人になってからも役立ちます。それは運転に関するスキルや知識のみならず、多角的な視野も含んでいます。

また、合宿免許であれば、2週間程度で免許を取得することが可能です。

短期で免許を取得したいのなら、合宿免許がオススメです。

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

正しい運転姿勢

Published / by admin / コメントをどうぞ

車というもの自体も様々な種類があり、運転席というのも車種によって広かったり狭かったりといった差はあると言えるでしょう。そのため、どの車に乗っても、正しい運転姿勢を取るために自身の身体に合わせた調整をしてから乗るように心がけておきましょう。もちろん、マイカーがある場合にはいちいち調整する必要などはありませんが、定期的に運転姿勢を見直して、より良い安全運転を目指せると良いのではないでしょうか。正しい運転姿勢のために必要なのは、チルトハンドルと呼ばれるハンドル調節でしょう。自身の体形に合わせて、高さを調節し、無理なくスムーズにハンドル操作ができる位置に設定することが重要でしょう。正しい位置の目安としては、ハンドルを持った時、ひじが軽く曲がるという感覚を覚えておくと良いでしょう。次にシートの角度を調整しましょう。背中はシートに密着する位置を目安にしましょう。倒しすぎてしまうと腕が伸びきってしまって運転しにくい上に、俊敏に動けなくなってしまうため危険でしょう。ハンドルを持って背をつけ、ひじが軽く曲がるくらいの位置に調整できると良いでしょう。それでも調整が難しい場合には、シート自体を前後させて位置を調節すると良いでしょう。クラッチペダルをいっぱいに踏んだ場合に、ひざが軽く曲がるといった程度の位置にするとちょうど良いと言えるでしょう。最初はぎこちなく感じるかもしれませんが、この時点で正しい姿勢を身につけることができれば、どんな車でも調整できるようになると言えるでしょう。合宿免許では集中型のため、なんども実践することは難しいかもしれませんが、運転しないまでも、ちょっと座って姿勢を調整してみるといったことは日常的に練習しておいても良いのではないでしょうか。

踏切の渡り方

Published / by admin / コメントをどうぞ

都内では随分と減りましたが、地方にはまだまだ踏切がたくさん残っています。踏切を渡るときに絶対にやらなければいけないのは自分の車が進入できるスペースがあるかどうかの確認をすることです。そして必ず前の車が踏切を渡り切ってから自分がわたること。何も考えずに前の車に続いて踏切に進入してしまうと前の車が何らかの理由で止まってしまった時に踏切の中に閉じ込められてしまうなんてことがあるかもしれないからです。

難しいのは距離が長い踏切の場合です。こういうときは前の車のその先が今どういう状況なのか必ず確認してください。前のほうでブレーキランプがみえませんか。それともスムーズにながれていますか。もしよく見えないようだったらとりあえず停車し、前の車が踏切を渡り切るまで待つのがいいでしょう。待っている間に後ろの車からクラクションを鳴らされたとしても気にしないことです。事故にあうよりはいいですからね。

もし踏切の中に取り残されてしまったら、バックするか前に出るかの2択しかないですが、対向車線が開いている場合があります。こういう時はしかたがないので対向車線を利用して踏切の中から出ましょう。

また、踏切の中で脱輪して出られなくなってしまったら同乗者を車の外にだし、安全なところに避難させましょう。そして非常ボタンを押してください。非常ボタンがなければ手を振るなり懐中電灯を振るなりして列車に存在をアピールしましょう。同乗者がいて携帯電話があるのならば110番に電話して警察に連絡しましょう。なによりも電車と車が衝突してしまうことを避けなければなりません。列車に存在を知らせることができず、もう駄目だと思ったら自分自身も車のそばから離れてください。車と列車が衝突した際に車ごと吹っ飛ばされてしまう可能性があります。車の中に入ったままパニックになってしまい列車が来て衝突してしまうというのが一番最悪のパターンです。

こうした踏切の走行方法を合宿免許で学ぶことが出来ます。ただし、練習としての踏切のため実際の踏切の走行は実践を重ねることが重要になるでしょう。